So-net無料ブログ作成
検索選択

読み直し?記憶が・・・ [本のはなし]

前々回のブログで,あさのあつこさんの弥勒シリーズ『冬天の昴(とうてんのすばる)』(光文社文庫)を紹介した。
その際、前作『東雲の途』のことにも触れたのだが、どうもこれを読んだかどうかがあいまいで、読んだならブログに書いているだろうと思い検索してみたら、載っていなかった。

それで、改めて光文社文庫の『東雲の途』を買って読んでみた。
なにしろ、面白そうだと思って買って読んだ本が、すでに以前読んだことのある本だと途中で気づくなんてことがままあるので、恐る恐る読み進んだ。
読んだことがあるような、ないような…で読み進み、結局、最後に読まなかったようだという結論に到達。(でも、すっきりしない・・・。まさか認知症が進んだなんて?)

この巻は、橋の下で見つかった死体の腹の中から瑠璃が見つかるという、異様な事件をきっかけに、遠野屋清之介が西の生国に帰って過去の因縁を清算しようとする、という話である。
その旅に、岡っ引きの伊佐治が同行する。

なので、このシリーズの面白いところでもある、遠野屋清之介と小暮信次郎のからみ(探り合い)は最初のほうにあるだけで、途中からは信次郎も姿を見せず、瑠璃をめぐる謎解きと追手との果し合いのサスペンスが中心となる。
その分、このシリーズの特徴でもある人情話としての面白味も、若干薄い。
(だから、読んだ記憶がないのだろうか)

裏表紙には「著者がシリーズ史上ないほど壮大なスケールで描く「生と死」」と書かれてあるが…。清之介がなぜ生国に戻ろうとしたのか、瑠璃にはどのような秘密が隠されているのか。
やがて、山奥に埋もれたおどろくべき歴史の真実が明らかになっていく…。
「壮大なスケール」かどうかは・・・?
ただ、このシリーズでたびたび侍を捨て、商人となった遠野屋が、社会の在り方、とくに商業や経済というものの意味について独自の考えを語るところは、高田郁の「あきない世傳」シリーズとも共通していて、ちょっと現代社会の批判になっているのかなと思う。


それに、この巻には『冬天の昴』に登場する同心小暮信次郎の女、品川の宿「上総屋」の女将「お仙」や、小間物問屋遠野屋で清之介の片腕となっている「おうの」らが登場し、過去の経緯が語られており、武家の次男として生まれた清之介がどうして江戸の小間物商となったのか、小暮信次郎が怪しんで執拗に探ろうとしている清之介の過去の因縁がどんなものだったのかも説明されている。

というわけで、後から読んでもそれはそれでなるほどという読み方ができて、それはそれで面白かった。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る