So-net無料ブログ作成
検索選択

心理劇を楽しむ時代小説 [本のはなし]

あさのあつこさんの『冬天の昴(とうてんのすばる)』(光文社文庫)。

北町奉行所定町廻り同心、小暮信次郎と小間物屋「遠野屋」を営む清之介、それに信次郎に仕える岡っ引きの伊佐治の3人の駆け引きが面白い「弥勒」シリーズの第5弾である。
実は第6弾の『花を吞む』がハードカバーで今年1月に出ているらしく、早く読みたいのだが、ほかにも読む予定の本が山になっているので、文庫になるのを待とう。

あさのあつこさんは、やっぱりうまい。
文章にリズムと流れがあって、なんだか浄瑠璃を聴いているような気分になる。
あるいはテレビの時代劇のナレーションを聴いているようにも。

物語は品川宿の旅籠『上総屋』の女将お仙の数奇な運命から始まる。
御家人だった夫が、女郎宿で遊女と心中事件を起こし、骸となって自宅に運び込まれたのだ。
実直で小心な夫が、そんな大胆な行動に出るとは考えられなかったが、その汚名を濯ぐこともかなわず、家は取り潰され、姑も「恨みを晴らしてくれ」と言い残して、井戸に身を投げて果てた。

その後、流れ流れて上総屋の女将になったお仙。そこに通ってくるのが、小暮信次郎その人である。例によって孤独を抱えて、どこまでもクールな信次郎。女泣かせなんだなあ…。

あるとき、小暮信次郎の同僚で本勤並(ほんづとめなみ)になったばかりの赤田哉次郎が女郎と心中するという事件が起きる。
お仙の夫と同じように、およそ心中などを起こしそうもない、若く実直な人物だった。
裏に邪悪な匂いを嗅ぎつける信次郎。

一方、遠野屋清之介の過去にただならぬものがあるとかねてより疑っている信次郎は、足しげく遠野屋に通い、まるで真剣で切り結ぶようなやり取りを繰り返している。それを楽しんでもいるようである。それを脇で見ている岡っ引きの伊佐治はそんな信次郎に呆れている。

信次郎はお仙に、夫の心中事件を探ってみるように言う一方で、清之介にお仙の用心棒を頼む。清之介はその意図を知りたがるが、信次郎はなかなか明かさない。

一方、遠野屋の表座敷では、小間物に加えて反物や帯、足袋などの商人と合同で売る催しが女客の人気を呼んでいた。その客の一人、材木商『伊勢屋』の内儀、お登世の様子がおかしい。どうやら清之介目当てに来ているようだ。
もともと伊勢屋の一人娘で、婿を取ったのだが、どうやら男狂いの気があるらしい。その様子が尋常ではなくなってきた…。

あさのあつこさんの小説の魅力は、登場人物の心の機微が細やかに語られるところである。
たいてい、主人公はどちらかといえば発達障害的な、人の気持ちに無頓着で、人間関係が一方的になりがちなタイプで、時代劇の人情話にはまるで向かないタイプだ。
小暮信次郎もそうだが、遠野屋清之介もかつてはそのような人間だった。遠野屋の娘おりんと出会って、生き直すことにするまでは。
それを人情でつなぎとめているのが、岡っ引きの伊佐治ということになるか。

伊勢屋の内儀、お登世は言ってみれば、ボーダーラインの患者。
このお登世が、すっかり狂乱して遠野屋に現れたとき、清之介の片腕として遠野屋の商いを盛り立てている「おうの」がお登世を落ち着かせるのだが、このお登世をめぐるやりとりが、まるで精神療法の物語みたいになっているのである。
ま、物語だから、そんなにうまくいくものか、とは思うけどね。

最後はすべての物語が一つに収斂していく。見事である。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る