So-net無料ブログ作成
検索選択

JRの非効率さ [日々の出来事うっぷんばなし]

新年早々、うっぷんばなしですみません。

2月4日に仙台に出かけるので、えきねっとで予約をしようとした。
なんども使っているのだが、これがほんとうにめんどくさい。

第一、切符の予約がなんで1か月前からしかできないの?
個人で旅行しようと思っても、予約が取れてないと計画も安心して立てられないじゃない?
予約が取れないなんてことはない?
それほどいつもすいているということ?
でも、グリーン車は△印だったから、早く予約しないととれないこともあるってことよね。
私は乗らないけど。

それに、えきねっとのほかに、ビューカードとMy JR-EASTという窓口があって、
それぞれにIDとパスワードが要求されるけど、どこからでもログインして予約はできるみたい。
これがややこしくて。あと、Suicaの窓口もある。

案の定、ログインしようとしてIDとパスワードがわからなくなり、問い合わせて再設定するはめに。
これがいちいちメールでURLが送られてきて、そこから改めて再設定する仕組み。
それは仕方がないのだけれど、メールが届くのにものすごく時間がかかる。
回線が混んでいるのだろう。

ようやくログインができて、行きの列車を検索して、いざ切符を予約しようとしたらカードが決済できないという。期限切れだった。
それで、登録情報の変更へ。

それから改めて乗換案内から予約へと進み、往復乗車券を購入しようかどうしようか迷う。
「問い合わせ」をクリックすると、往復乗車券は片道・往復・乗り継ぎで201キロメートル以上の場合に割引になると書いてあり、東京と新青森の例が示されている。
でも、東京と仙台間が往復201キロ以上になるかどうかは、わからない。
この説明が「役に立ったかどうか」の質問があったので、「立たなかった」を躊躇なくクリック。

そして、翌日の帰りの列車を再び検索して予約しようとしたら、
それはまだ1か月以上前だから受け付けないとさ。
往復なんだからいいじゃない、融通が利かないのね。

しかたなく、行きだけ特急券と片道乗車券を予約して、座席も指定して、ようやく購入にたどり着いた。
と思ったら、23:40~0:20は「メンテナンスの時間」とやらで受け付けないとさ。

ここまで1時間以上もかかってしまったからだけど。
そりゃあないよね。
結局、明日ゆっくり往復の切符を予約すればよかったわけだ。
新年早々、これはぜったい老化のせいではない。
JR東日本のシステムの問題だ、と断固、いっておきたい。

nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

nrktd

駅ネットで予約してるということは、ジパングクラブに入ってないのね。よく出かけてるみたいなのに。
by nrktd (2017-01-17 23:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る