So-net無料ブログ作成

マンガ・リテラシー [本のはなし]

子供の頃、マンガといえば朝日新聞の「サザエさん」とか「いじわるばあさん」くらいしか読んだことがなかった。
『りぼん』とか、ちまたには少女マンガの雑誌もあったが、買ってもらえなかった。
テレビでは『鉄腕アトム』をやっていたが、これも見させてもらえなかったか、
マーブルチョコのアトムシールを集めていたことだけは覚えている。
『少年マガジン』とか『ジャンプ』←時期的には『少年サンデー』だろうとの読者から指摘あり
とかが流行っていることは知っていたが、
手に取ってみたことはない。

高校時代に同級生がお兄さんのだと言って
隠れて『ガロ』をもってきたのを(学校には教科書以外は持ち込み禁止だった)、
休み時間にこっそりみて,つげ義春などの漫画にちんぷんかんぷんと思った記憶がある程度。

大学生になって、『小さな恋のものがたり』にはまり、
「あしたのジョー」などは学生のアイドルだったので、読んだ。
「天才バカボン」や手塚治虫の「火の鳥」などにはまったのも大学生になってからだ。
スヌーピーもムーミンもしかり。

保育園で保母をしていたとき、子どもたちと「タイガーマスク」を歌って踊ったが、
ストーリーは知らなかった。

というわけで、私は自分がマンガ・リテラシーというものに欠けていると感じている。
マンガを読んでも面白いと思うセンサーがちょっと鈍いみたいだし、
あのコマを順番に読んでいくのが苦手だ。
ときどき、パッと見てどっちから読むの?と戸惑うことがある。

小学生の頃、母からある日「サザエさん」を見せられて、「どういう意味だかわかる?」と聞かれた。
話のすじは忘れたが、カツオくんの頬に斜めの線が何本か引いてあった。
わけがわからないでいると、母は「恥ずかしくて赤くなってるのよ」と言った。
マンガでは、黒い線なのに、これを赤くなったと見るのか、と当惑するやら感心するやら・・・
と同時に、わからなくて恥ずかしかったことを覚えている。

で、最近、本屋で表紙に少女マンガに典型的なかわいらしい金髪、大きな青い目の少女?、少年?のイラストが描かれたハードカバーの単行本を見つけたときには、びっくりした。
マンガなの?小説なの?
タイトルも『少年の名はジルベール』。マンガみたい。

でも、中をみるとマンガはほとんどなく、文字ばかり。本なのね。

漫画家、竹宮惠子の自伝だった。

私とほぼ同い年。彼女がマンガ家としてデビューしたのは、私が大学に入学して上京した年。
おりしも大学闘争の嵐が吹き荒れていた。
14歳で漫画家になろうと決意した著者も、徳島大学に入って1年間は、運動のためにまんがを描くのをやめる。そして、「私の革命は、マンガでする!」と宣言するのだ。
やがて徳島から上京し、萩尾望都さんと同居して少女マンガを描き始める。

萩尾望都さんは、知ってる。今もすぐ横の本棚に『トーマの心臓』の文庫本がある。
でも奥付をみると、1996年だからだいぶ遅い。

彼女たちを支えてくれていたのは、少女マンガ好きで理論家でプロデューサーの才能のある増山さん。向いの家に住む彼女は、ほとんど住み込みのようにして、彼女たちの製作を応援してくれた。

やがて、彼女たちの家にファンが集まるようになり、製作を手伝ってくれるようになる。
なかには、自身漫画家としてデビューする人もいた。

面白かったのは、少年マンガの全盛期に、彼女たちが少女マンガに革命を起こしたいと心からおもっていたこと。
とくに著者は、少年どうしの禁断の愛を描きたくて、何年ものあいだ編集者とたたかう。
ふ~ん、そんなものなのか。

それに、天才肌の萩尾望都にライバル意識をもち、だんだん追い詰められていくプロセスも。
なにしろ、毎週の連載ともなれば、ストーリーラインを考え、絵の構成を考え、下絵を描き、などと考えると、どれだけ大変かがわかる。一日たりとも休みがないとは…。
私なんて、隔月の連載でたかだか3,4ページの文章を書くだけでも追い立てられる気分なのに。
それに、読者の投票で毎回、人気の順位が決まるなんて・・・。

マンガにもいろいろとテクニックがあって、2次元の画面で動きをどうしたら描けるのか、奥行や距離感はどうしたら出せるのか、読者の心をつかむストーリーをどうやって考え出すのか、そういったマンガの奥義が語られているのも興味深い。
マンガのリテラシーをはじめて知った気分。

彼女たちは、文学を読み、映画を観て、ストーリーテリングのノウハウを学び、
描き方を研究するのだ。

聞けばなるほどそうかと思うが、ヨーロッパを舞台にした歴史もののまんがを書くとしたら、現地の歴史も、建築も、服装も、暮らしぶりも、文化をすべて知らなくてはならない。
一見は百聞に如かずとばかりに、欧州旅行も決行する。
そして、建物やら道路やら、ありとあらゆるものを何百枚と写真にとってくるのだ。
彼女たちは、さすが漫画家、パッと見ただけで記憶にとどめることができるらしい。

私も同じころ、ヨーロッパをユーレイルパスで経めぐったことがあるが、
だいぶ必死さがちがう。
それぞれの道にそれぞれのたたかいがあるのね。

著者の竹宮惠子さんは、今は京都精華大学でマンガを教え、
2014年からは学長となって、紫綬褒章も受賞したそうだ。
すごいねえ。


nice!(0)  コメント(5) 

nice! 0

コメント 5

nrktd

いい漫画は、漫画でしか表現できないものを表現していますよね。私は子どもの頃からの漫画好き。『少年マガジン』『少年サンデー』『少女クラブ』『マーガレット』などなど読んでましたよ。好きな作品は多すぎて挙げられない。「墓場の鬼太郎」以来のネズミ男のファン。
大人向けでは山岸涼子の作品もおすすめですよ。
『日出処天子』・・・主人公は聖徳太子!『舞姫テレプシコーラ』・・・私はこれを読んで、バレエを見始めました。

by nrktd (2016-04-07 22:17) 

nrktd

すみません。「涼子」は間違いで、「山岸 凉子」でした。
by nrktd (2016-04-07 22:22) 

fijifreak

『マーガレット』!ありましたねえ。私は読まなかったと思うけど。
『少女クラブ』は知らない。
『日出処天子』は聞いたことがあるけれど、『舞姫テレプシコーラ』なんて初耳。
それにしても、nrktdさんがバレエとは・・・。細っこいところは、バレエ向きだったでしょうね。みたかったわ。
by fijifreak (2016-04-08 16:03) 

nrktd

あ、いえ。見始めたのであって、バレエを習ったことはありません。
by nrktd (2016-04-10 12:56) 

fijifreak

なんだ、がっかり・・・
by fijifreak (2016-04-17 00:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る