So-net無料ブログ作成
検索選択

日本の豪華リゾート&スパを体験

暑い!さすが、自称「夏女」の私もへばり気味。

暑さもあり、すでに仕事で今年の夏は遠出をしてしまったので、家族旅行は近場にすることにしました。何しろ、ともに80を越すチチハハは、膝が悪かったりするので、どんなに素晴らしい老舗旅館でも、おいしいお膳を座って食すのが苦痛だというのです。寝起きするのも、ふとんよりベッドのほうが快適らしい。

というので、選んだのがヒルトン小田原リゾート&スパ。バブルの時代に第3セクターによって作られたものが、売れなくなってヒルトンに身売りされたと聞くうわさの豪華リゾートホテル。

東京駅から東海道線根府川までは、快速アクティ。指定席もなく、自由席グリーン券を買えば、あとは1時間ちょっと。タクシーでホテルに向かう。

山に向かって5分。途中、小さな鉄橋を渡るとそこはもう、ホテルの敷地。うねりながら上っていくと、突然白亜の豪華な建物が出現。

3人が泊まった部屋は、よくあるツインの部屋にエクストラベッドを入れた仕様ではなく、4台のベッドがゆったりと納まった広い部屋。ベランダからは、眼下に水平線のかすむ相模湾と伊豆の山々が望める、すばらしい眺望。白い帆船のようなチャペルも見えます。

敷地の中には、パターゴルフ場、テニスコートなどのほか、屋内テニスコートやスポーツ棟があり、陶芸工房などもあって、若い人には遊びには事欠かない設備。でも、転倒-骨折の恐れのあるジジババは、ジジ一人を部屋に残して、ガラス張りのバーデ棟へ。

バーデ=ドイツ語で温泉。中には、25メートルプールもあり、水温は29.1度。でも、これはパスして、ひたすらお湯でくつろぐスペースに。まずは、円形の歩くプール。底にぼちぼちがあって、足裏マッサージもできるしくみ。その隣の大きな円形プールには、赤い巨大なボールが3個ぷかぷか浮いていて、子どもたちがじゃれている。ところどころに、お湯があわ立つ噴出孔があって、巨大なジャグジーのよう。壁に沿って座ると、背中に吹き出るお湯がマッサージをしてくれる。時間で、周囲からお湯が噴水のように吹き上がり、滝のようにお湯が落ちてくる真ん中で子どもたちがはしゃぐ。

私は、ベッドのように横になると、横から下からあぶくがでて全身マッサージしてくれるコーナーへ。ピンク色になった白人男性が、渦巻きプールを歩いている。あとでまねしてみると、渦巻く流れに逆らって歩くと、結構な運動。

ガラス張りの外にも同じような円形プールがあったけど、さすがに日のかんかん照り付けるプールはパス。でも、日陰は海から渡ってくる風が涼しい。

部屋はバス付きですが、バーデ棟の上には大浴場もあって、こちらも無料で楽しめる。岩盤浴は有料。ほかに、エステやマッサージも各種取り揃えられていますが、こちらも有料で予約が必要ということで、パス。

夕食は、会席料理。さすがに海の幸は新鮮で美味。季節はすでに秋。料理にも小さな早生みかんが出てきました。なかなかのお味。料金もそれなりに。

ジジは、何もすることがなくて退屈といっていましたが、館内にライブラリ・カフェというところがあって、そこで本を読んだり、DVDを見たりできたということに気づいたのは、帰る寸前のことでした。残念。

これからここに行こうとお考えの方には、よーく何して遊ぶか、事前に調べて計画を立てて、予約していかれることをおすすめします。もちろん、お財布と相談ですが。

それにしても、と海外旅行しても思うことですが、こんな贅沢なところに、たくさんの子どもの姿があることに驚きます。小さいうちから、こうした贅沢を体験して、将来どうなるのでしょう。格差社会は、このまま親から子へと伝わっていくのでしょうか。


nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

な

ヒルトン小田原は、特殊法人 雇用・能力開発機構の勤労者リフレッシュセンターだったものを、小田原市が取得し、ヒルトンに賃貸借しているのです。
ということで、税金が投入されていることもあって、小田原市民は、プールなどを市民優待料金(でも高い)で利用できることになってます。小田原市にはまともなプールが全くないので、ヒルトンか市外のプールを利用ください、なんて市役所に言われてしまいますが、あんな料金、泳ぐためだけに払う気はしません。。。
ほんと、バブルの時代は。。。一応ヒルトンで営業できるような施設を特殊法人が作っていることがおかしいですよね。

私は、子どものいることは、いいと思うのですが、しつけをされていない子どもが多いことによくうんざりさせられます。しかし、旅館よりはホテルのほうが、子連れで行きやすいのでしょうね。
by な (2006-09-14 22:04) 

fijifreak

情報ありがとうございました。
by fijifreak (2006-09-16 16:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る